2010年03月14日

私的、広島と映画とアニメーション論 16 モスクワ国際映画祭

16 モスクワ国際映画祭 

 私は、1979年8月14日〜28日に開催された第11回モスクワ国際映画祭に日本映画代表団の一員として、『ピカドン』を持って参加した。
『ピカドン』のことは触れてはいないが、「モスクワ映画祭に参加して」のレポートを中国新聞に書いた。 9月18日付

------------------------------------------------------------
モスクワっ子 空手映画に夢中  「立派な芸術」と激賞
 
客席六百のザリャーディエ劇場は満席。通路、壁際にも立ち見でいっぱい。私はその舞台に立ってあいさつすることになっていた。第十一回モスクワ国際映画祭(八月十四日〜二十八日)二日目の昼食時、日本映画代表団の事務局を担当している映画評論家の山田和夫氏に「今晩、松竹の『地上最強のカラテ結集編』が、インフォメーションとして上映されるが、松竹の関係者が二十日でないとモスクワ入りしないので、代わりにぜひ、あいさつしてくれ」と懇願され、引き受けてしまった。舞台あいさつといっても、司会者から名前を紹介され、舞台からおじぎをするだけ。それならと引き受けてしまう。

 上映開始二十分前に劇場に着く。劇場前は黒山の人だかり。広島では最近、お目にかかったことがない。ロビーに入ったら、こちらが日本人とわかってか、一人の青年につかまった。「私はカラテの大ファンである。カラテは立派な芸術である。カラテはサイエンス(科学)である。モスクワにはカラテの教科書がない。あなたが持っていたら譲ってくれないか」と迫られる。正直いって「空手」の知識はなく、しどろもどろ返事するハメになり、大変なことを引き受けてしまったと後悔。

 超満員の会場は熱気むんむん。みんなの目は私に空手の型を披露してくれといわんばかり。舞台あいさつが終わってロビーに出たら、日本代表団の男性通訳全員三人とも姿をみせている。聞いてみると、三人とも空手ファン。一人は世界大会に出場したという。いまモスクワでは六千人の人が空手道場に通っていて、大変なブームであることを知る。

 後日、日本代表団の記者会見の場に出席していたモスクワの新聞記者が、空手のテキストがぜひ欲しいと寄ってくる。記者団の代表質問でも「日本のカラテ映画は大変すばらしい。主演の人たちはカラテのプロか」と聞く。岡田東映社長は「俳優千葉真一はプロではないがレッスンをしている。近く、佐藤純弥監督、千葉真一主演の映画を東映とソビエトモスフィルムの合作で撮ることが決まった」と答え、記者団は満足。
 
 街頭で出会うモスクワ市民から「あなたはヤポーニャ(日本人)」と問われ、「ダー(はい)ダー」と返事すると「カラテはすばらしい」と空手の型を見せてくれる。来年のモスクワ・オリンピックには「空手」の種目が入るのではないかと思うくらいの人気に驚いた。三年前のタシケント映画祭に参加した時、映画『必殺女挙士』の東映女優・志穂美悦子に人気があったことからみると、いまモスクワの空手ブームは最高潮だ。

               小森敏廣(広島県映画センター連絡会議議長)
-----------------------------------------------------------

mosukuwa1979.jpg

『戦争と平和』のナターシャ役などで知られるソ連のスター女優リュドミーラ・サベーリュアさんと交流する筆者  =モスクワのフィルムスタジオで=




posted by T.K at 14:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。