2010年06月06日

私的、広島と映画とアニメーション論 24 こんにちはハーネス−4

24 こんにちはハーネス−4

 映画「こんにちはハーネス」は1984年2月末現在、全国で758ヶ所約45万人の方に観賞された。2月17日からベルリンで開催される第34回ベルリン国際映画祭児童映画部門に日本からの代表作品として出品が決まった。

husty-5.jpg

1984年2月9日中国新聞夕刊
------------------------------------------------------------
「こんにちはハーネス」ベルリン映画祭へ

製作責任者の小森氏ら招待

 目の不自由な女性と盲導犬の触れ合いや障害者の自立をテーマに、映画センター全国連絡会議(東京・中村信司議長)が製作した映画「こんにちはハーネス」(カラー、一時間半)が、17日から西独の西ベルリン市で開く第34回ベルリン国際映画祭の児童映画部門の出品作品に決まった。同映画祭はカンヌ映画祭(37回)に次ぐ歴史を持つ国際的な映画祭で、国内からはこのほか、劇映画部門に「南極物語」が出品される。

 同映画祭事務局から、このほど、日本側窓口の日本映画海外普及協会(東京)に入った連絡では、「こんにちはハーネス」は期間中の22日と24日に上映され、最終日の28日にコンテストの結果がわかる。

 「こんにちはハーネス」は、映画センター連絡会議結成十周年記念事業として製作され、昨年6月に完成した。不慮の事故で失明した女性が盲導犬と犬好きの少年の励ましで自立して行く物語。「ハーネス」は、盲導犬につける胴輪のこと。

 障害者団体の協力で、全国的な上映運動が起き、これまで全国34都道府県で45万人が観賞。広島県内にも「上映を成功させる会」ができて、174ヶ所で上映、5万人が見た。

 同映画祭には、製作責任者の広島県映画センター連絡会議の小森敏廣議長(41)と後藤俊夫監督(45)が招待され出席する。小森議長は「国際障害者年十年計画(1981年〜90年)が進められている中で、視覚障害者にスポットをあて、生きることのすばらしさを描いた点が評価されたと思う」と話している。
-----------------------------------------------------------

 1984年2月14日、広島東急インで映画「こんにちはハーネス」の製作と広島上映を成功させる会の呼びかけで『映画「こんにちはハーネス」ベルリン映画祭出品についての報告とお祝いの会』を開催。沢山の支持者から激励をいただいた。



posted by T.K at 23:21| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。